外国の文化背景をもつ子どもたちへの支援

子ども日本語クラス

外国人の定住化が進む中で大きな社会問題の一つとなりつつあるのが、外国の文化背景を持つ子どもたちの増加です。中野区国際交流協会でも、大人を対象とした日本語講座に小中学生が急増したことから、2004年に火曜日子どもクラス、2008年に木曜日子どもクラスを、ボランティアの協力を得て設立しました。区内の小中学校に通う子どもたちや、母国で中学校を卒業し高校入試を目指す子どもたちが、週2回日本語を学習しています。
学齢期の子どもたちが地域で日本語を学ぶ場として、大きな役割を果たしています。

夏休み・春休み子ども日本語クラス

夏休み・春休みの長期休暇を利用して、小中学生を対象とした集中講座を実施しています。毎年、30人以上の子どもたちが参加しています。学校の授業が進まない長期休暇中に少しでも多くの日本語を身に付けようと、暑い中、必死に学んでいます。
夏休み子ども日本語クラスの最終日には「やったね!の会」が開催されます。学んだ日本語で、一人一人スピーチを発表します。
春休みは「進級・進学おめでとう!の会」を行います。大変な努力の結果、高等学校や大学に進学した先輩たちが、後輩を励ましてくれます。

日本語適応事業日本語指導員等派遣

中野区教育委員会の依頼を受けて、区内の小中学校に通う児童生徒で日本語支援が必要な子どもたちを対象に、日本語支援を実施しています。当協会の日本語ボランティアの中で要件を満たした方を日本語支援指導員として教育委員会へ推薦し、各学校で最長60時間の日本語指導を行います。
また、三者面談や試験など必要に応じて、通訳の派遣も行っています。

中学生を対象とした日本語講座通級支援

高校受験を控えた中学生にとって日本語の習得は必須となります。少しでも多く日本語学習の時間を確保するため、中学校で各学校長の許可があった場合、学校の出席に代えて協会の日本語講座(火曜午前・午後クラス)に参加することができます。